目元のプチ整形

二重まぶたのプチ整形

プチ整形といっても様々なものがありますが、日本でもかなり多くの人が行っているのが目元の二重プチ整形です。アジアの顔立ちである日本人は、目元が一重の人も多い為、欧米人のパッチリとした二重の目元に憧れて二重整形をする人も多くいます。基本的にプチ整形で行われている二重施術は医療用の糸を利用する埋没法が取り入れられています。まぶたの部分を少しだけ切開して糸を埋め込むこの手術は、元々の目元の状態に合わせて糸の止め方も変わってきます。手術時間も10分から20分では手術が完了するので非常に手軽に行うことができます。このプチ整形は、希望通りの目元にならなかった場合でも簡単に糸を外すことができるので、初めての人でも抵抗無く行うことができるといえます。

費用や手術後の状態

二重まぶだにするプチ整形は、費用もメスを入れる場合と違って10万円前後で行うことができると言われています。糸の止め方や美容整形の保証期間などで価格は変動するので、カウンセリングやホームページで確認しておくとよいでしょう。二重まぶたにするプチ整形は、施術後3日ほどで腫れをなくすことができると言われています。腫れや赤みの状況も、メイクをすればごまかせる程度のものと言われているので、日常生活に大きく支障を与えることはほとんど無いといえます。このように、二重まぶたにするプチ整形はかなり簡単に行えるので、パッチリとした二重にしたいという人は、一度プチ整形を考えてみるのも良いでしょう。この二重まぶた整形は、女性が行うことがほとんどですが、普段メイクをすることが無い男性も、目元を変えるだけで大きく印象を変えることができます。